store

TKDクラフトチョコレート 【コスタリカ】

天才焙煎士シリーズ第二弾!
□■□ TKD Craft Chocolate □■□ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コスタリカ・・・複雑で奥行きのある大人の味
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市松屋のオリジナルブレンドコーヒーをお願いしている高堂謙一郎氏による、
クラフトチョコレートが登場!

フランスの老舗ショコラトリー「Bonnat社」をリスペクトして試作を重ね続けたからこその、くちどけの滑らかさと香りや味わいに豊かさの両立。

ビーン・トゥー・バーという潮流も、カカオ豆本来の個性や工程によってチョコレートの味が変わることにヨーロッパのショコラティエたちが着目して生まれました。

ビーン・トゥー・バーとは、チョコレートの原材料カカオ豆がタブレットになるまでの工程を一貫して行うこと。その工程には、カカオ豆の仕入れ、選別、焙煎、摩砕、調合、成形があります。今、その生産を一貫するショコラティエが増えてきているのです。

TKD Craft Chocolateは、クラフトチョコレート・フェスティバルでは初出店で500枚が完売しました。

価格も魅力で、1500円以上が相場のビーントゥーバー(クラフトチョコレート)が、なんと600円。ぜひお楽しみください。

¥ 648

TKDクラフトチョコレート 【ドミニカ】

天才焙煎士シリーズ第二弾!
□■□ TKD Craft Chocolate □■□ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ドミニカ・・・フルーティーでエキゾチック
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市松屋のオリジナルブレンドコーヒーをお願いしている高堂謙一郎氏による、
クラフトチョコレートが登場!

フランスの老舗ショコラトリー「Bonnat社」をリスペクトして試作を重ね続けたからこその、くちどけの滑らかさと香りや味わいに豊かさの両立。

ビーン・トゥー・バーという潮流も、カカオ豆本来の個性や工程によってチョコレートの味が変わることにヨーロッパのショコラティエたちが着目して生まれました。

ビーン・トゥー・バーとは、チョコレートの原材料カカオ豆がタブレットになるまでの工程を一貫して行うこと。その工程には、カカオ豆の仕入れ、選別、焙煎、摩砕、調合、成形があります。今、その生産を一貫するショコラティエが増えてきているのです。

TKD Craft Chocolateは、クラフトチョコレート・フェスティバルでは初出店で500枚が完売しました。

価格も魅力で、1500円以上が相場のビーントゥーバー(クラフトチョコレート)が、なんと600円。ぜひお楽しみください。

¥ 648

TKDクラフトチョコレート 【タンザニア】

天才焙煎士シリーズ第二弾!
□■□ TKD Craft Chocolate □■□ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タンザニア・・・ナッティで地に足の着いた落ち着きの味わい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市松屋のオリジナルブレンドコーヒーをお願いしている高堂謙一郎氏による、
クラフトチョコレートが登場!

フランスの老舗ショコラトリー「Bonnat社」をリスペクトして試作を重ね続けたからこその、くちどけの滑らかさと香りや味わいに豊かさの両立。

ビーン・トゥー・バーという潮流も、カカオ豆本来の個性や工程によってチョコレートの味が変わることにヨーロッパのショコラティエたちが着目して生まれました。

ビーン・トゥー・バーとは、チョコレートの原材料カカオ豆がタブレットになるまでの工程を一貫して行うこと。その工程には、カカオ豆の仕入れ、選別、焙煎、摩砕、調合、成形があります。今、その生産を一貫するショコラティエが増えてきているのです。

TKD Craft Chocolateは、クラフトチョコレート・フェスティバルでは初出店で500枚が完売しました。

価格も魅力で、1500円以上が相場のビーントゥーバー(クラフトチョコレート)が、なんと600円。ぜひお楽しみください。

¥ 648

TKDクラフトチョコレート 【ガーナ】

天才焙煎士シリーズ第二弾!
□■□ TKD Craft Chocolate □■□ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ガーナ・・・酸味の少ないみんなに愛される王道のチョコ味
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市松屋のオリジナルブレンドコーヒーをお願いしている高堂謙一郎氏による、
クラフトチョコレートが登場!

フランスの老舗ショコラトリー「Bonnat社」をリスペクトして試作を重ね続けたからこその、くちどけの滑らかさと香りや味わいに豊かさの両立。

ビーン・トゥー・バーという潮流も、カカオ豆本来の個性や工程によってチョコレートの味が変わることにヨーロッパのショコラティエたちが着目して生まれました。

ビーン・トゥー・バーとは、チョコレートの原材料カカオ豆がタブレットになるまでの工程を一貫して行うこと。その工程には、カカオ豆の仕入れ、選別、焙煎、摩砕、調合、成形があります。今、その生産を一貫するショコラティエが増えてきているのです。

TKD Craft Chocolateは、クラフトチョコレート・フェスティバルでは初出店で500枚が完売しました。

価格も魅力で、1500円以上が相場のビーントゥーバー(クラフトチョコレート)が、なんと600円。ぜひお楽しみください。

¥ 648

※未成年の飲酒は法律で禁止されています。ご購入は20歳以上の方に限らせていただきます。

ページTOPへ